webマーケティング手法やseo対策を発信するブログ!ウェブマ

Googleサーチコンソールの使い方【完全マニュアル】

サーチコンソール

Googleサーチコンソールは、サイトが検索エンジンにどう認識されているかなど、サイトのパフォーマンスを検証するのに優れているツールです。

上手に活用することで、サイトパフォーマンスを高めて、ユーザーエクスペリエンスの向上やSEO対策に大きく役立ちます。

サーチコンソールとは?

サーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleが提供するウェブマスター向けの「サイト管理&解析ツール」です。

サイト運営・解析に重宝する強力な機能が多数備わっており、webマーケティングやseo対策に重宝する万能ツールとなっています。

アクセス解析ツール「Google アナリティクス」は、ユーザーの特性や流入経路など、ユーザーの足跡を解析するのに優れている一方、「Google サーチコンソール」は、サイトが検索エンジンにどう認識されているかなど、サイトのパフォーマンスを検証するのに優れているツールです。

アナリティクスでは見れない、自然検索の細かいキーワードもチェックすることが可能です。

サーチコンソールで何ができるの?優れた機能を紹介

サーチコンソールでは、自然検索の細かい流入キーワードやサイトに発生した問題、Googleからどのように評価されているかなど、サイトパフォーマンスのあらゆる情報が分かります。

主に以下の情報をチェックすることができます。

  • Googleから届くメッセージ
  • リッチスニペット(構造化データ)の状況
  • タイトル・メタ情報の状況
  • AMP対応の状況
  • 自然検索の流入キーワード
  • 被リンク元の情報
  • 内部リンクの状況
  • 手動ペナルティの状況
  • モバイル時のユーザビリティ評価(モバイルフレンドリー)
  • Googleが認識しているコンテンツキーワード
  • クロールエラー状況
  • ページのインデックス状況
  • セキュリティの問題

さらに以下のような機能が備わっています。

  • 手動ペナルティの解除
  • 低品質なページのURL削除
  • クロール申請
  • xmlサイトマップ、robots.txtの送信
  • アドレス変更(ドメインURLの変更を伝える)

マークは、webマーケティングにおいて使用頻度が高く、重要なチェックポイントです。

サーチコンソールの使い方

それでは、Googleサーチコンソールの使い方を解説します。

手順1「Googleサーチコンソール」にログインする

サーチコンソールにアクセスし、「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします。

※Googleアカウントを持っていない場合は、先にアカウントを作成します。

サーチコンソール ログイン画面

手順2「サイトを追加」する

最初に、サイトを追加する必要があるため、画面右上の [プロパティを追加] をクリックします。

プロパティを追加

続いて、追加するサイトの「URL」を入力し、[追加] をクリックします。(左のプルダウンは、「ウェブサイト」のままでOKです。)

プロパティを追加 追加

手順3「サイトの認証」を行う

サイトを追加したら、最後に「サイトの認証」を行います。
サイトの認証は「おすすめの方法」と「別の方法」のいずれかで行えます。

「おすすめの方法」で行う (通常はこの方法で行います)

以下画面の手順に従って、認証を行います。

おすすめの方法

「別の方法」で行う (WordPress管理画面から認証する場合はこの方法で行います)

FTPにアップロードするのが難しい場合などは、[別の方法] → [HTMLタグ] を選択し、表示された「metaタグ」をコピーします。

別の方法 HTMLタグ

続いて、WordPress管理画面にログインし、左メニューから [外観] → [テーマの編集] を開き、テンプレートの「テーマヘッダー(header.php)」を探し、 </head> の上に、コピーした「metaタグ」を貼り付けて、保存します。

ワードプレス管理画面 外観 テーマ編集

手順4「サイト認証の完了」

サイトの認証を行い、「~~~の所有権が確認されました。」とメッセージが表示されたら、サイト認証の完了です。
[続行] をクリックしてGoogleサーチコンソールを使い始めましょう。

所有権が確認されました

サーチコンソールの各項目の説明

Googleサーチコンソール画面にある、各項目について解説します。

サーチコンソール

マークは、Webマーケティングにおいて、チェックすべき重要なポイントです。必ずチェックするようにしましょう。

ダッシュボード

「ダッシュボード」では、「新しい重要メッセージ」と「現在のステータス」をチェックできます。

新しい重要メッセージ

新しい重要メッセージには、エラーなどサイト運営に影響する重要なメッセージが届きます。メッセージが届いていた場合は、内容を確認して早急に対応する必要があります。

現在のステータス

現在のステータスでは、以下3項目のサイト全体のステータスがチェックできます。

  • クロールエラー
  • 検索アナリティクス
  • サイトマップ

メッセージ

「メッセージ」では、Googleから届く全てのメッセージをチェックできます。
ペナルティやエラーなどサイトに問題があった時にも通知されるため、定期的なチェックが大切です。

構造化データ

「構造化データ」では、マークアップされた構造化データのエラー状況などがチェックできます。エラーが発生していたら内容を確認し、適切に対応するようにしましょう。

リッチカード

「リッチカード」では、マークアップされたリッチカードの設定状況がチェックできます。

リッチカードとは、リッチスニペットよりもビジュアル的に映える検索結果にする機能のことです。今のところ、リッチカードの利用は米Googleのレシピと映画(動画)サイトに限られています。

データ ハイライター

「データ ハイライター」とは、webサイトの構造化データのパターンを Google に伝えるためのものです。データ ハイライターを利用することで、簡単にサイトのデータ フィールドをタグ付けすることができ、タグ付けした情報を検索結果に表示することが可能です。

既に、schema.orgなど構造化データを用いてHTMLマークアップされたページには、データハイライターを利用する必要はありません。理解が難しくHTMLをいじれない場合でも、データが持つ意味をGoogleに伝えられるのがデータハイライターの最大のメリットです。

HTML の改善

「HTML の改善」では、タイトルやディスクリプションなどのメタ情報やインデックス登録できないコンテンツなど、サイト内の問題点についてチェックできます。

サイト内のパフォーマンス向上に役立ちます。

「サイトリンク」では、サイトリンクの設定が行えます。

サイトリンクとは、一部のサイトの検索結果で下部に表示される以下のようなリンクのことを言います。

サイトリンク

現在サイトリンクは自動化されており、ユーザーの役に立つとGoogleが判断した場合にのみ、表示されます。サイトリンクの表示が不適切である場合に、その順位を下げることができます。

Accelerated Mobile Pages

「Accelerated Mobile Pages」では、モバイル表示用に軽量化されたページ(AMP)のエラー状況などがチェックできます。

Googleは、AMPには直接のSEO効果は無いものの、AMP対応することによりユーザーの満足度が向上し、間接的に検索順位に影響を与える可能位があると言及しており、モバイルSEOにおいて重要な項目です。

検索アナリティクス

「検索アナリティクス」では、自然検索(オーガニック検索)による流入キーワードの「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」など、詳細なデータ(検索のパフォーマンス)がチェックできます。

検索アナリティクスの数値は、SEO対策をする上で重要な判断指数となるため、要チェックすべき項目です。

「サイトへのリンク」では、サイトに貼られた被リンクのドメイン元や、被リンクが多く貼られたページなどをチェックできます。

被リンクは、オーソリティを判断する上での重要な指標であり、低品質なドメイン元からの被リンクが多い場合、逆にサイトのオーソリティが低下する原因となってしまいます。不適切な被リンクが貼られていないか要チェックです。

「内部リンク」では、サイト内部のリンク状況がチェックできます。
[ターゲットページ] は内部リンクが向いているページのURL、[リンク] はリンク数を示しています。

内部リンクが多く向いているページは重要視されるため、SEO対策したい重要なページにリンクが向いているかなど要チェックです。

手動による対策

「手動による対策」には、手動ペナルティを受けた時に、ペナルティのメッセージが通知されます。

手動ペナルティを受けていないか定期的にチェックするようにしましょう。もし手動ペナルティがあった場合には、内容を確認して早急に対応する必要があります。

インターナショナル ターゲティング

「インターナショナル ターゲティング」では、どこの国のサイトなのかを設定できます。

検索エンジンは、国毎に最適な検索結果が表示されるようにしています。韓国と日本にいるユーザーでは、勿論それぞれ異なる検索結果を返します。インターナショナル ターゲティングで、サイトの構造全体を適切に設定することで、特定の地域や言語の設定にコンテンツを提供する確率も高くなります。

モバイル ユーザビリティ

「モバイル ユーザビリティ」では、モバイルアクセス時のユーザービリティに影響するエラーがチェックできます。

モバイル検索のクエリが増加傾向にある現在において、「モバイルフレンドリー」に対応されているかは重要なポイントとなります。エラーがある場合は、内容を確認して適切に対応しましょう。

インデックス ステータス

「インデックス ステータス」画面では、インデックスに登録されたページ状況を確認できます。[詳細] タブをクリックするとより詳細な情報が確認できます。

インデックスに登録されたページの総数

現在インデックスに登録されているURLの数です。

ロボットによりブロック済み

robots.txtでブロックされたURLの数です。クロールを拒否したページが無ければゼロです。

削除済み

URL の削除」で削除したURLの数です。

コンテンツ キーワード

「コンテンツ キーワード」では、サイトが何のキーワードで認識されているか、キーワードの重要度がチェックできます。

意図しないキーワードの重要度が高い場合、コンテンツ内のキーワードを見直す必要があります。この指標はコンテンツを見直すのに役立ちます。

ブロックされたリソース

「ブロックされたリソース」では、コンテンツのレンダリングに必要なリソースのブロック状況がチェックできます。

もし、JavaScript/CSS/画像などのリソースへのクロールが、robots.txtによりブロックされている場合、Googleはページのレンダリングとインデックス登録が正しく行えず、Google 検索におけるページのランキングに影響する可能性があります。エラーが確認された場合は、内容を確認して適切に対応しましょう。

URL の削除

「URL の削除」では、Googleの検索結果(インデックス)からページを一時的に削除することができます。

中身の薄い低品質なコンテンツが多い場合、サイト全体の評価が低下する原因となるため、インデックスから削除するか内容を見直して再アップすることをおすすめします。

※ブロックされる期間は約90日間です。この期間を過ぎると再び検索結果に表示されます。URL の削除はあくまで一時的な処置であり、永久的にページを削除する場合には、ページ自体を削除しましょう。

クロールエラー

「クロールエラー」では、デバイスごとのクロールエラー状況を確認できます。クロールエラーが見つかったページは、早急に対応しましょう。

サイト エラー

サイトエラーでは、DNS(データベース)やサーバー、robots.txtによる接続のエラー状況をチェックできます。

URL エラー

サイト内のページのクロールエラー状況をチェックできます。内容をクリックするとエラーの詳細が記載されているので、内容を確認して適切に対応するようにしましょう。

クロールの統計情報

「クロールの統計情報」では、クロールされたページ数の統計情報を確認できます。

1 日あたりのクロールされたページ数

1日にクロールされたページ数です。クロール頻度が高くなるとサイトを正確に判断してもらえて上位表示の大きな足掛かりとなります。

1 日にダウンロードされるキロバイト(KB)数

1日にダウンロードされるページ情報の容量を示します。ダウンロードされるページが多いほど好ましいです。

ページのダウンロード時間 (ミリ秒)

ページスピードはSEOにとっても重要な要因です。ページのダウンロード時間は短いほど好ましいです。

右側の「高」「平均」「低」では、最近90日間の中で最高・平均・最低数がそれぞれ表示されています。

Fetch as Google

「Fetch as Google」では、Googlebotにクローリングを要求することができます。
新たにコンテンツを作成したり修正を加えた時に、Fetch as GoogleからURLを送信することで、いち早く検索結果に反映(インデックス)されるようになります。

robots.txt テスター

「robots.txt テスター」では、以下2つのことが可能です。

  • robots.txtの内容を検証
  • robots.txtを編集してGoogleに通知する

サイトマップ

「サイトマップ」では、xmlサイトマップの送信や、xmlサイトマップで送信したコンテンツ数と実際にインデックスされた数、インデックスエラーなどがチェックできます。

URL パラメータ

「URL パラメータ」では、クロールするべきURLとそうでないURLをパラメータを使い、Googleに伝えることが可能です。

このパラメータは、必要が無い限り設定する必要はありません。もしパラメーターを誤って設定してしまうと、ページがインデックから削除される危険がありますので、必要な場合を除き、触らないようにしましょう。

セキュリティの問題

「セキュリティの問題」では、サイトのセキュリティに影響する問題をチェックできます。ハッキングやマルウェア(ウイルス)感染を検出した時に通知され、具体的な原因の発見や早期解決に役立ちます。

その他のリソース

「その他のリソース」では、サイトの解析やSEO対策に役立つリソースが紹介されています。

構造化データ テスト ツール

マークアップされた構造化データの記述を、チェックすることができます。

構造化データ マークアップ支援ツール

HTMLの知識が無くても、マウスで簡単に構造化データによるHTMLマークアップができるツールです。

メール マークアップ テスター

HTML メールの構造化データをチェックできます。

Google マイビジネス

Google 検索、Google マップ、Google+ にビジネス情報を無料で掲載することができます。Google マイビジネスに登録することで、マップ検索(MEO)での表示機会を増やし、上位表示を狙うことができます。

Google Merchant Center

Google Merchant Centerで、商品データをアップするとGoogle ショッピングや Google のその他のサービスでこのデータを利用できるようになります。

PageSpeed Insights

サイトのページ表示スピードをチェックできるツールで、遅延の原因や改善方法などが確認できます。

カスタム検索

サイト内にGoogle 検索を設置できます。カスタム検索を設置することで、サイト内の情報を元に検索が行えます。

Google Domains

Google Domainsは、ドメインの検索、売買が可能な招待制のドメイン登録サービスです。

ウェブマスター アカデミー

ウェブマスター アカデミーとは、質の高いサイト作りが学べる学習サイトです。学習時間は各コース1時間程度で、自分のペースで学習を進めることができます。

目的別!ウェブマスターツールの活用法

サイトに問題が起きてないかをチェックする

サイトに影響する重要な問題は、「メッセージ」に通知されます。
ペナルティやエラー、その他「ハッキングやマルウェア(ウイルス)の検出」など、セキュリティ上の問題点についても通知されるようになっているため、週に1回程度 定期的にチェックするようにしましょう。

メッセージ

いち早く検索結果に反映(インデックス)する

「クロール」 → 「Fetch as Google」 から、URLを送信することで、いち早く検索エンジンにインデックスされます。

早く検索に反映したいコンテンツに関しては、作成・修正時に「Fetch as Google」を行うと良いでしょう。

Fetch as Google

サイト移転(ドメイン・URL変更)を伝える

サイトのURLが変わった時に、画面右上の [設定(歯車マーク)] → [アドレス変更] から、アドレス変更の設定をすることで、新URLのインデックスを促進することができます。

アドレス変更

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

気に入ったらいいね!してね

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事