webマーケティング手法やseo対策を発信するブログ!ウェブマ

まだ、被リンクで消耗してるの?自然な被リンクを増やす5つの方法

まだ、被リンクで消耗してるの?

被リンクは、とても重要なランキングファクターです。

ですが、低品質で不適切な被リンクはペナルティの対象であり、SEO対策として自らが施策すべきものではありません。

良質なコンテンツには自然と被リンクが集まり、それが本来の被リンク対策です。

被リンク(インバウンドリンク)とは?

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトへ貼られたリンクのことを言います。

以前は、「被リンクの数 = サイトの評価」となり、被リンクが多ければ上位表示できた事実がありました。

そのためサテライトサイトを量産し、自作自演の被リンクを貼ったり、業者からリンクを購入したりといった外部対策(被リンク対策)が流行していましたが、現在のSEOでは、質の高いコンテンツを作成することが最も重要となっています。

被リンクのSEO効果について

被リンクは、順位決定の重要な要因(ランキングファクター)であることに変わりはありません。

今の時代は、コンテンツイズキングと呼ばれ、良質なコンテンツを作ることがSEOの主流となっています。

被リンクはSEO効果ゼロ?そんなことはありません。

コンテンツが重視されているからといって、被リンク効果が無くなった(ゼロ)という訳ではありません。重要性は低くなってはいるものの、被リンクは順位を決定する重要なファクターです。

高品質なコンテンツからの被リンクが多いサイトは、ユーザーの満足度が高く有益なコンテンツであるという判断ができ、ランキング決定の1つのファクターになります。

ですが、自作自演の被リンクや有料リンクは、スパム行為でありペナルティの対象です。

Googleが禁止する、被リンクってどんなの?【ペナルティ注意】

Googleは以下のような、被リンクを禁止しておりペナルティの対象としています。

相互リンク

ページランクの操作を意図した、相互リンクは禁止されています。自動相互リンクサービスの利用はペナルティの対象です。

有料リンクの購入

有料リンクの購入は禁止されています。有料リンクの販売者、購入者ともにペナルティの対象です。

今の時代も、「被リンク○○本で○○円!」と有料リンクの購入を促しているSEO業者がいますが、そういった悪質な業者は撲滅すべきです。

くれぐれも、有料リンクは購入しないようにしてください。そのようにして得たリンクに価値は無く、サイトの評価を下げることになります。

ディレクトリサービスへの登録

以前は、有料のディレクトリサービスへ登録することで、大きなSEO効果を期待できましたが、今ではSEO効果も少なくなっています。SEOを目的としたディレクトリサービスへの登録は、ペナルティの対象でもあるので注意が必要です。

サテライトサイトの作成

サテライトサイトとは、メインサイトにリンクすることを目的として作られた中身の薄い低品質なペラサイトのことです。

ページランクの操作を目的とした、サテライトサイトからの被リンクはペナルティの対象です。

新時代を生き抜く!自然な被リンクを増やす5つの方法

自然な被リンクを増やす5つの方法を紹介します。

良質なコンテンツを作成する

良質なコンテンツが、今のSEOの主流となっています。

ユーザーに有益な情報を発信することで、ブログで紹介されたり、ブックマークされたり、自然と被リンクが集まっていきます。

良質なコンテンツの作り方は、『Googleに評価される良質なコンテンツを作る3つの条件と5つのステップ』で紹介しています。

読みやすく、分かりやすいレイアウトにする

どんな流入経由から訪れたユーザーに対しても、読みやすく分かりやすいコンテンツのレイアウトにすることが大切です。

特に検索ユーザーの場合、探している情報が見つけにくいことは、直帰率の増加原因となります。

読みやすいコンテンツのレイアウトは、自然な被リンクの獲得において重要な要素です。サイトやコンテンツはユーザー目線で改善していきましょう。

検索エンジンは、レイアウトの見やすさを機械的に判断できないため、回遊性や直帰率、滞在時間などの間接的なシグナルで判断していると推測できます。

ユーザーの感心を惹く情報をSNSで発信する

TwitterやFacebook、はてなブックマークなど、ソーシャルメディアで有益な情報を発信し、表示機会を増やしましょう。

ユーザーの関心を惹き、満足してもらえれば拡散してくれて、ブックマークやブログで紹介されたりと自然と被リンクを増やすことができます。

UI/UXの向上を図る

ユーザーが探している情報をいち早く見つけやすいコンテンツ構成や導線などを意識し、ユーザーが使いやすいサイトにすることで、満足度が高まり被リンクを増やすことにつながります。

表示速度を高速化する

ページの表示速度を高速化することで、直帰率を低下させ、ユーザー流入の機会を増やすことができます。

スムーズなページ観覧は、ユーザーのストレスを軽減し、回遊性やユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。

被リンク販売業者を見つけたらGoogleに報告しましょう!

リンクを売る行為は、違反行為(ペナルティ)です。

被リンクを販売しているサイトや業者を見つけたら、今すぐGoogleに 有料リンクの報告 をしましょう。

※有料リンクの報告の報告には、Search Consoleへのログインが必要です。

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

気に入ったらいいね!してね

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事