webマーケティング手法やseo対策を発信するブログ!ウェブマ

「検索ワード創出型」メディアが勝利する新SEOの未来とは?

検索クエリ創出型SEO

これからのSEOは、検索クエリ創出型SEOに注力すべきです。

ここでは「検索ワード創出型」と「検索顕在化」の検索クエリの違いと、「ブランド認知を高める7つのカギ」について紹介します。一緒に、新時代SEOの未来を手にしましょう。

検索クエリ創出型SEOとは?

検索クエリ創出型SEOとは、従来の「検索顕在化」によるキーワード検索ではなく、ブランド名などで直接検索する「検索ワード創出型」からの集客を狙ったSEO手法(造語)です。

検索ワード創出型 検索顕在化

画像参照:「検索クエリ創出型」メディアがこれからは強い

検索ワード創出型とは?

検索ワード創出型とは、ブランド名や商品名で直接検索されるナビゲーショナルクエリのことです。検索数は少ないが、競合性が低くCTR(クリック率)が高くなる傾向にある。

検索顕在化とは?

検索顕在化とは、「片頭痛 薬」や「シミ 治す」など、願望を強く表すインフォメーショナルクエリのことです。検索数は多いが、検索ワード創出型と比較すると、ブランドにおけるCVR(コンバージョン)は低くなる傾向にある。

検索ワード創出とブランド価値

近年の検索傾向を見てみると、「検索ワード創出型」が増加傾向にある。

ファンを増やし、検索ワード創出型による検索クエリを増やすことで、検索エンジンからの安定したトラフィック(集客)が見込めるようになります。

近年のSEOでは、ユーザー体験の流れを考察することを強く求められ、より一層上位表示が難しくなりました。ブランド価値を確立し、直接検索を増やすことはweb集客において重要となる。

ブランド認知を高める7つのカギ

検索ワード創出型による検索を増やすためには、ブランド認知を高める必要がある。ここでは、トップ・グロースハッカーを参考に、ブランド認知向上の7つのカギについて、個人的な見解も兼ねて紹介します。

出版社の視点を持つ

Greylock社のJoshElman氏は、インセプション(自社製品を認知)してもらい、そしてそれがどのように役立つのかを発信することが、グロースハッキング戦略において最も重要であると語っている。

数多くのレシピ本を出版し、ブランド認知度の向上を果たした、米Innocent社を参考にしよう。彼らはブランド認知の向上において、自社製品の売り込みの手前、「人々に健康的な生活を送ってもらいたい」という社会的責任を大切にしていた。

自社のブログで、健康的な暮らしに役立つ情報を発信し、消費者への貢献活動を優先して行い、その結果的、高いエンゲージメント率の獲得につながった。

対話相手が「人」であることを忘れない

コミュニティマネージャーであるJoe McEwan氏は、ブランド認知の成功のカギは、「自然で、率直で、魅力のある語りかけ(Consistent tone of voice)にある、と述べている。

webマーケターは、対話相手が「人」であることを忘れてはいけない。ファンを永久的に惹きつけるには、相手の要望をしっかり理解し、それに答えた対話を心掛けるべきである。

共有したいと思われるコンテンツを作る

ブランド認知の向上において、コンテンツのシェアは非常に大切である。ソーシャルメディアが普及している現在において、一層その重要性を増している。

ユーザーの要望を満たす、有益なコンテンツ作りに注力し、共有したいと思われるものを提供すべきだ。シェアしたいコンテンツか否かの判断は、極めて簡単で、自問自答してみることだ。「自分がこのページを見た時に、すぐさま友人や家族に共有したいと思うのか?」もし答えがノーなら、コンテンツの再編成を検討すべきだ。

タイトル(キャッチコピー)を工夫する

コンテンツのエンゲージメントを高めるには、タイトル(キャッチコピー)の工夫が必要である。

全てのコンテンツに対してそれぞれ、25個の見出しを考え、そのなかから気に入った4つを選ぶ。そして、最終編集者がさらに気に入った2つの見出しを試す

Upworthy社のCEOであるEli Pariser氏はこのように提唱しており、徹底的に精査されたタイトルは、ユーザーの興味を惹き、コンテンツのエンゲージメントに直結する。結果、ブランド認知度の向上に貢献する。

既存のアイデアに頼らない

webマーケターは、自社のブランドの特徴を正確にとらえ、独自性の高いユニークなコンテンツを提供する必要がある。

さらに、ビジュアルコンテンツの採用をおすすめする。脳へ伝達される情報のうち 約90%以上 はビジュアル情報であり、テキスト情報よりも速いスピードで処理されるからだ。

53%のいいね 104%のコメント

画像参照:Photos on Facebook Generate 53% More Likes Than the Average Post

実際に、Facebookでは、写真の投稿は文章だけの投稿に比べて、約53%のいいね、約104%のコメントを確立するなど、高いエンゲージメント効果を示した検証結果が報告されている。

スパム化しない

ブランド価値を伝えるには、ユーザーとの「対話」が大切である。

人は日常的に大量の情報を受け取っており、単純化した情報発信は、スパムと認識される可能性がある。ユーザーの声に耳を傾け、疑問や質問、コメントに応えていくことが、単純化(機械化)したメッセージを回避するカギとなる。

ジャーナリストがコンテンツを作る

ジャーナリストの仕事は、いつの時代も変わらず、人に読まれる面白い記事を書くことだ。

質の良いジャーナリストは、業界全体に飛び出し、常に挑戦をしていく。このプロセスこそが、ユーザーが読みたくなるコンテンツを作るのに大切である。

まとめ

これからはブランド価値を高めファンを増やし、ブランド名で検索(検索ワード創出型)されるクエリを確立していくべきだ。

ここで紹介した、「ブランド認知を高める7つのカギ」を参考にして、自身のブランド認知向上にお役立てください。

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

気に入ったらいいね!してね

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事