webマーケティング手法やseo対策を発信するブログ!ウェブマ

【2017年最新版】webブラウザシェア|日本&世界ランキング

webブラウザシェア

2017年現在のwebブラウザシェアを紹介します。

web制作者やseoマーケターなど、web担当者にとってwebブラウザシェアを理解し対応していくことは重要です。ここでは、最新のweb市場(webブラウザシェア)を紹介します。この機会に是非チェックしてみてください!

日本のwebブラウザシェア

日本では、IE(インターネットエクスプローラー)とChrome(クローム)の2つが、全体の半数以上を占めています。

日本のwebブラウザシェア 2017年

画像参照:statcounter.com

順位 ブラウザ名・バージョン シェア率
1位Chrome41.64%
2位IE24.29%
3位Firefox17.78%
4位Safari7.36%
5位Edge5.72%
6位-その他3.21%

※2017年3月現在

Firefox(ファイヤーフォックス)は約17.78%と昨年度より増進しています。

また、windows10で登場したマイクロソフトの新しいwebブラウザEdge(エッジ)は、約5.72%と増進しているものの、まだまだ普及には至っていません。

web業界などデザイナー・ディレクターの間ではMacユーザーが多く、Safari(サファリ)のシェアも気になるところですが、約7.36%と2016年から減少しています。

世界のwebブラウザシェア

世界では、Google Chrome(クローム)だけで、半数以上を占めています。

世界のwebブラウザシェア 2017年

画像参照:statcounter.com

順位 ブラウザ名・バージョン シェア率
1位Chrome62.84%
3位Firefox14.83%
2位IE9.3%
4位Safari5.31%
5位Edge3.72%
6位-その他4%

※2017年3月現在

日本では、シェア2位を占めるIE(インターネットエクスプローラー)ですが、世界では10%にも満たないようです。

Firefox(ファイヤーフォックス)は日本と近い値をとっており、約14.83%となっています。

また、Edge(エッジ)は約3.72%と若干の上昇傾向にあり、サーフェスの普及と共に増加しています。Safari(サファリ)についても、約5.31%と減少傾向にあり日本より低い割合をとっています。

今後のブラウザシェア予想

日本のブラウザシェアでは、2016年にはIEとChrome(クローム)がほぼ同じ割合でしたが2017年現在はChromeが増進し、倍近い差がひらいています。

世界ではすでにIEの利用者は10%にも満たない値になっており、日本のブラウザシェアも今後は、IEが減っていきChrome(クローム)が独占して、半数以上を占めるようになっていくと予想できます。

web担当者や制作者は、Chrome(クローム)を中心に、ブラウザ対応していけば良いでしょうね。

データ参照:statcounter

※ここではデスクトップのブラウザシェアを比較しています。

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

気に入ったらいいね!してね

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事