webマーケティング手法やseo対策を発信するブログ!ウェブマ

Googleが認めるオーソリティサイトになる9つの条件

オーソリティサイト

高いオーソリティを得ることで、安定的かつ継続的な上位表示を実現を実現できます。

ここでは、Googleが認めるオーソリティサイトの「9つの条件」と「5つのメリット」について解説します。

オーソリティサイトとは?

オーソリティ(Authority)とは「権威」を意味し、誰もが認める権威性のあるサイトのことをオーソリティサイトと呼びます。

いわば特定分野のトップ・オブ・トップであることを指します。

オーソリティサイトってどんなサイト?

例えば天気情報なら「気象庁」など、その分野で権威性の高いサイトをGoogleはオーソリティサイトとして認めます。

日常生活で言えば、価格を調べるなら「価格.com」、料理のレシピを調べるなら「クックパッド」のように、ある特定の情報を調べるときに誰もが認めるサイトです。

Blogで稼ぐなら「まだ東京で消耗してるの?(イケダハヤト)」、webデザインギャラリーなら、「MUUUUU.ORG」など色々ありますね。

オーソリティサイトのSEO効果

権威性の高いオーソリティサイトとGoogle検索エンジンに認識されれば、検索の上位表示を実現でき、自然検索からの継続的かつ安定的なトラフィック増加が望めます。

GoogleのMatt Cutts氏は、検索アルゴリズムで、特定の分野・領域で権威性のあるサイトを検出し、そうしたオーソリティサイトの検索順位を優遇する(ランキングブースト = 順位を少し上げる)と述べています。

高品質で有益なコンテンツを発信しているサイトを、検索で表示機会を増やすことは、極めて合理的なアルゴリズムと言えます。

オーソリティを決める9つの条件

オーソリティの決定には、以下の9つの条件があります。

  • 運営期間
  • コンテンツボリューム
  • 鮮度&更新性
  • テーマ&専門性
  • アウトバウンドリンク
  • インバウンドリンク
  • コミュニティ

運営期間

運営期間が長く、長きにわたって運営されているサイトは、相応に価値のある、有益な情報を提供していると判断でき、オーソリティの決定要因となります。

ただし、単に期間が長いこと自体が必ずしも有効とは言えません。

変化が少なく普遍的な情報に関しては、長期的に情報を提供し続けていることに権威性を持ちますが、社会的変化の大きな即効性のある情報に関しては、最新の情報に価値があります。

時間軸による評価は、検索キーワードの性質により、ポジティブにもネガティブにもなり得ます。

コンテンツボリューム

高品質なコンテンツが多く蓄積されたサイトは、ユーザーにとって有益で価値ある情報を提供できると判断できます。サイトのコンテンツボリュームはオーソリティの決定要因となります。

ただし、単にページ数が多いことだけが有効とは言えず、中身の薄い低品質なコンテンツを大量に量産すると、逆にサイトの評価を下げることになります。

更新性&情報鮮度

一定の更新性や・鮮度の高い情報を保つことは、高品質なコンテンツの維持に不可欠です。

トレンドに合わせて最新の情報を提供することは、ユーザーのニーズに対応した優良なサイトを満たす条件のひとつとなります。

テーマ&専門性

サイト全体のテーマが統一され専門性に特化したサイトは、一定以上の情報を提供しており、ユーザーに有益な価値を与えると判断できます。テーマ&専門性はオーソリティの決定要因となります。

一般的に専門性の高いサイトは、運営期間とともに関連性の高い被リンクが自然と増加していき、権威性が増していくことでしょう。

アウトバウンドリンク(外部への発リンク)

有益なコンテンツへの「発リンク」は、自らのコンテンツに付加価値を与えます。
自らのコンテンツのみならず、有益で関連性の高い外部の情報も紹介することで、ユーザーに付加価値を与えられると判断できます。アウトバウンドリンクはオーソリティの決定要因のひとつとなります。

インバウンドリンク(外部からの被リンク)

高品質なサイトからの「被リンク」が多く集まったサイトは、ユーザーの満足度が高く、多くの支持を集めていると判断できます。
Googleはこのようなサイトを高く評価し、オーソリティを決める重要な要因としています。

ただし、単に数だけを見ている訳ではなく、関連性のないサイトや低品質なサイトからのリンクが多いことは、サイトの評価を下げる原因となります。

ダイバーシティ(リンクの多様性)

インバウンドリンクは、リンクの多様性も考慮する必要があります。リンクの多様性があることは、オーソリティの判断基準のひとつとなります。

サイトの種類には、以下のような様々なサイトがあります。

  • ポータルサイト
  • ニュースサイト
  • ブログサイト
  • ソーシャルメディア
  • コーポレートサイト
  • 教育機関のサイト
  • フォーラム

通常、被リンクが貼られた場合、100本の被リンクが全て「ブログサイト」から貼られるのは不自然です。

Googleは、リンクの多様性もオーソリティを判断する基準のひとつとして見ています。

コンテキスト(文脈)

コンテンツを評価する指標のひとつに「コンテキスト」が挙げられます。

コンテキストとは、「文脈」や「背景」などを意味し、ユーザーが誰で今どのような状況にあり、何を求めているのかを判断するものです。

検索エンジンは、ユーザーの意図や前後の背景を読み取って、ユーザーの検索クエリによりマッチした検索結果を返します。コンテキストを考えることは、オーソリティを高める上で大切な要因のひとつとなります。

コミュニティ

ソーシャルメディアやブログなどで、紹介されたり話題になるサイトは、ユーザー評価が高く有益なコンテンツであると判断できます。

多くのメディアで拡散されることで、サイトのオーソリティを高めるきっかけとなります。

オーソリティサイトになる5つのメリット

オーソリティサイトになると、以下5つのメリットがあります。

  • 安定的に上位表示される
  • ペナルティを受けにくい
  • 上位表示スピードが上がる
  • 自然と拡散していく
  • ロングテールキーワードで上位表示され易くなる

安定的に上位表示される

オーソリティサイトになるとアルゴリズム変動があっても、安定的かつ継続的に上位表示を保ち続けることができます。これは、オーソリティサイトの最大のメリットとも言えます。

一般のサイトは、アルゴリズムに弱く、順位が変動しやすい弱点があります。

ペナルティを受けにくい

オーソリティサイトになることで「ペナルティ」に対しての耐久性が強くなります。
不適切な施策は好ましくありませんが、多少無茶な対策をしてもペナルティが受けにくい性質があります。

すぐに上位表示できる

オーソリティサイトは基礎体力が備わっているため、新規コンテンツを作成後、いち早く上位表示されるようになります。

自然的に拡散していく

オーソリティサイトになると、自らが対策を講じなくてもソーシャルメディアやブログで紹介されたり自然と拡散していきます。コンテンツの作成とともに、被リンクが増加していきます。

下層ページも上位表示されやすい

TOPドメインのオーソリティが高いことによる恩恵もあり、2階層や3階層などの下層ページの検索順位も上がりやすくなります。

オーソリティの確認方法

サイトやページのオーソリティを調べる、以下2つの方法を紹介します。

webサイト「Moz – Open Site Explore」でチェックする

Open Site Exploreにアクセスして、URLを入力し [Search] をクリックします。

Open Site Explore

以下画面で、ドメインやページのオーソリティをチェックすることができます。

Open Site Explore ドメインオーソリティ
DOMAIN AUTHORITY サイトのドメインオーソリティを表します。
PAGE AUTHORITY そのページのオーソリティを表します。

※1日の3回までの使用制限があり、無料登録することで制限なく使えるようになります。

拡張プラグイン「MozBar」を使う

ブラウザの拡張プラグイン「MozBar」を使うことでも、オーソリティのチェックができます。

拡張プラグイン「MozBar(Chrome版 / Firefox版)」をインストールします。

ブラウザのツールバーの [M] アイコンをクリックします。

MozBar ツールバーアイコン

すると、画面上部にMozBarのバーが表示され、ドメインやページのオーソリティがチェックできます。

MozBar
PA そのページのオーソリティを表します。
DA サイトのドメインオーソリティを表します。

この記事がお役に立ったらシェアしてね!

気に入ったらいいね!してね

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事